株主優待を得られる方法とは?人気の銘柄も教えます!

- TBSホールディングスの株主優待

TBSホールディングスの株主優待

TBSホールディングスは、放送事業を知友新とした映像・文化・不動産など様々な方面においてメディア展開をしています。
東京地区において民間放送局としてラジオ放送を開始したところからその歴史が始まっています。
テレビをご覧になられる方でしたら知らない人はいないのではないでしょうか。
balance-sheet
TBSホールディングスの株主優待制度というものについて今回はお話しして行きたいと思います。
権利確定月は3月の年に1回となっています。
それに準じて優待回数も年に1回となっております。
単元株数は100株から。ANA株主優待券買取を扱っている所でも買うことができるかもしれません。
優待内容ですが、先ずは「特性クオカード」の配布です。
100株以上保有している方であれば特性のクオカード1000円分を貰うことが出来るのです。
もちろん特性ですので非売品のものとなっていますので利用せずに記念に残しておくという方も多いようですよ。
有効期限などもなく、クオカードを利用できる店舗も増えていますので活用しやすいかと思います。
また、TBSホールディングス主催の展覧会や出資映画・落語会の招待というものもあります。
これは1000株以上の保有が条件となります。
招待ですので無料で楽しんでいただくことが可能ですが、応募が殺到した場合は抽選となる場合もありますのでご了承ください。
いずれも株主1名につき「ペア」での招待となりますので嬉しいですね。
全てのイベントをあわせると約320組・640名を招待という形になります。
イベント情報は株主向けに告知がありますので確認して置くと良いでしょう。
招待を受けるかどうかは任意ではありますが、展覧会や映画などがお好きな方であれば嬉しい優待制度かと思います。
余り行かないという方でもクオカードは必ず配布されますので良いですね。
クオカードの絵柄は番組関連のものが多いようですので、もしかしたらいつも見ている番組のクオカードが手に入るという可能性もあるかもしれませんね。
安定的な銘柄ですので比較的に人気の高いものとなっています。

更新情報